株式会社グッドツリー(www.GoodTree.JP)社長ブログ


by GTC_CEO

<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

シンボルマーク

先日、ある飲み会で、初めて「杜の都・仙台」のシンボルマークが分かりました。あるイタリア人がデザインしたそうです。森の中に都会があるイメージです。マークを逆にすると、三本の木が見えます。仙台の市の木「ケヤキ」だそうです。シンプルでバランスも良く、大変いいデザインだと思います。

商工会議所に申請して承認を頂ければ、使えるそうです。早速申請の手続きを行いました。来年、名刺と会社のカタログには入れたいと思います。杜の都で良い樹になるグッドツリーと相性がピッタリですね。ちなみに、仙台の市の花はハギ、市の鳥はカッコウ、市の虫はスズムシです。

f0133770_23214952.jpg

[PR]
by GTC_CEO | 2010-12-23 23:21 | その他

青春

先日、お客様を訪問していた時、壁に飾っている詩をみて、感動しました。ここで皆さんと共有したいと思います。


           青 春

青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。

優れた創造力、逞しき意志、燃ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こういう様相を青春というのだ。

年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。

歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や、孤疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

年は七十であろうと、十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。曰く 驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探究心、人生への歓喜と興味。


  人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる。

  人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる。

  希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる。


大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける限り人の若さは失われない。

これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、この時にこそ人は全くに老いて、神の憐れみを乞うる他はなくなる。



原作はサミュエル・ウルマンというアメリカ人の事業家で自費出版した詩集の中の一遍。
マッカーサー元帥が座右の書とし、中曽根康弘元首相も感動したとのこと。
[PR]
by GTC_CEO | 2010-12-19 23:28 | その他