株式会社グッドツリー(www.GoodTree.JP)社長ブログ


by GTC_CEO

<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

312件

ブログを書き始めてからあっという間に2年が経ちました。記事数は312件になります。最近は忙しくて週1、2回の程度で、書き始めた頃の半分以下ですね。でも、アクセス数は少しずつ増えています。自慢の一つは、Googleで「西安 オフショア」或いは「オフショア 西安」で検索すると、何と私のブログは一位のトップです。自分もちょっとびっくりです。これから、実績を作り、日本の地方、仙台<->中国の内陸、西安の間に、架け橋として力を発揮して行きたいと思います。 

P.S.
GW中、BBQを企画しています。ちょっとリラックスに!
[PR]
by GTC_CEO | 2009-04-30 23:13 | その他

文鳥

先週、台湾の友達の家に遊びに行ってきました。うちは3人子供、彼は4人の子供がいます。また、魚や、鳥やいっぱい飼っています。すごくにぎやかです。鳥も自由にあちこちに飛んでいます。一匹真白の文鳥は私の手に飛んで来ました。人は全然怖がらない、とっても可愛いです。その瞬間をカメラで撮りました。

f0133770_2334721.jpg


彼の話によると、台湾では、文鳥は算命鳥とも言われます。算命は占いのことです。検索したら、やっぱりYouTubeにありました。


[PR]
by GTC_CEO | 2009-04-25 23:05 | その他

お花見

一昨年、初めて来日したスタッフと西公園で花見をしました。昨年は忙しくてできませんでした。今年は会社でやりたいですが、昨日は残業で、今日は結婚式で、結局できませんでした。

f0133770_2126444.jpg


でも、友人の結婚式後に、大河原を通し、家族でちょっと花見ができました。今は見頃で、天気も大変良かったです。来週にはもう散ってしまうのではないでしょうか・・・

f0133770_21264335.jpg


大河原は桜の名所です。大河原町内を流れる白石川の堤には、隣の柴田町まで延長約8kmにわたる桜並木が続いており、「一目千本桜」と呼ばれています。約1,100本の「桜のトンネル」のうち3分の1は樹齢80年を超えています。桜の開花時期には、残雪頂く蔵王連峰と満開の桜並木が清流の白石川に映り、絶妙な調和を見せています。また、「さくら名所百選の地」にも認定され、町内はもとより全国各地からの観桜を楽しむ人々で賑わいます。

f0133770_21274062.jpg


f0133770_2128326.jpg



[PR]
by GTC_CEO | 2009-04-12 21:30 | その他

結婚式

今日は、日本マスターズ水泳短水路大会の宮城会場(グランディ・21 宮城県総合運動公園)の日です。毎年必ず参加しております。昨年は個人の2位とリレーの優勝という成績をあげました。(アマチュアの年齢別だし、全国と言っても参加者は東北中心ですから、凄いことではありません。)今年は友人の結婚式に参加するため、試合に出なかった。

f0133770_20393023.jpg


友人の結婚式は外の芝生で行いました。桜も満開、天気も良く、大変いい式でした。新郎新婦入場後、みんなで聖歌を歌いました・・・

f0133770_20395840.jpg


     主が私の手を

1.主が私の手を とってくださいます。
  どうして怖がったり  逃げたりするでしょう

  (おりかえし)
  やさしい主の手にすべてをまかせて
  旅ができるとは何たる恵みでしょう

2.あるときは雨で あるときは風で
  困難はするけれど 何とも思いません

f0133770_20403045.jpg


結婚披露宴後に、たくさんの友人で久しぶりに会話できて、大変よかったと思います。

f0133770_2041157.jpg



[PR]
by GTC_CEO | 2009-04-12 20:20 | その他

入学式

昨日、次女の中学校入学式でした。仕事は大変お忙しいですが、なんとか参加できました。校庭には桜が咲き、とってもきれいでした。入学式は約1時間で、庄严肃穆(荘厳、礼儀)でした。僕、中国の時には、小学校、中学校、大学の入学式・卒業式の印象はあまり残されなかったですね。将来社会人になり、大人になるためには、重要な式だと感じています。

f0133770_18441259.jpg


今日から、長男の幼稚園も始まりました。彼は幼稚園が大好きで、休み中にイライラして、明泉のホームページでも、写真やビデオもあるので、見せてあげてます。彼にとっては、今日はきっと楽しい一日になるでしょう。

[PR]
by GTC_CEO | 2009-04-10 10:07 | その他

桜が咲いた!

今日、お客様へ訪問途中、県庁の近くでが咲いているのを見かけました。今年初めでで、やっぱりだなー、大変気持ちよく、元気が付きました。本日3社に訪問し、明日は4社との打ち合わせを予定しています。

夜、東京から来られたお客さんと飲んでいた時、店員から「楽天は勝った!中ジョッキ半額ですよ」と聞き、みんな大喜びでした。なんと4連勝で、リーグトップでスタートしました。いいでしたね。
[PR]
by GTC_CEO | 2009-04-07 22:57 | その他

好きな日本映画

「日中平和友好条約」(1978年)締結してからすでに30年以上経ちました。当時僕は10歳ごろで、将来日本で住むことは考えてなかったです。その時、インターネットももちろんなく、家庭にはテレビ、電話さいもほとんどなかったです。みんな外でゲームをやり、玩具も自分で作る時代でした。もう一つの楽しみは映画でした。映画館行くことは大きなイベントで、一週間前にも予定され、見るまでずっどわくわくでした。また、学校などの広場で露天映画もかなり見ました。人数が多くて、スクリーンの裏面も観客がいっぱいです。文字はもちろん逆ですね。さらに、壁の上にも、木の上にも・・人がいます。途中、風が吹くと、スクリーンが気球のように変形し、ズームもぼやけています。雨が降ると、もっと大変です・・・

1966年~1976年は中国の文化大革命時代でした。中国は大きな混乱に包まれた。そして、文革の混乱に晒されたのは、中国の映画産業もまた同様であった。文化大革命の10年間、中国国内で製作されたのは僅か70数本のプロパガンダ映画のみであり、外国映画の上映も、旧ソ連、北朝鮮、アルバニア、ルーマニアなどの社会主義国の映画に限られていたため、10億の中国人はいわば精神的な飢餓状態に陥っていた。1976年、文革は終焉を迎えると、国内での映画製作が再開され、さらに文革以前に作られた中国映画や輸入された外国映画も一挙に上映された。観客は猛烈な勢いで映画館に殺到した。その結果、1976年の中国における映画の観客動員数は、293億人(国民一人あたり28回)という驚異的な数字に達した。

日本の映画はみんな好きで、俳優も好きです。有名なのは高倉健、中野良子、山口百恵など、僕の時代の中国人は殆んど知っています。僕が好きな日本映画は

中国語名       「日本語名」
追捕          「君よ憤怒の河を渡れ」
人証          「人間の証明」
砂器          「砂の器」
狐狸的故事     「キタキツネ物語」
伊豆舞女       「伊豆の踊り子」
猟人          日本語名わかりません
一片花        日本語名わかりません


また、ドラマとアニメもいっぱい入っています。自分の家にはテレビなく、しょうがなくずうずうしくお隣のドアをノックして、見せてもらいました。
たとえば、一休、阿信「おしん」、血疑「赤い疑惑」、鉄臂阿童木「鉄腕アドム」、「姿三四朗」、排球女将・・・

いい思い出でした。

せっかく、今日本に来て、あまり映画館へ行けなく、不思議ですね。

[PR]
by GTC_CEO | 2009-04-05 11:22 | その他