株式会社グッドツリー(www.GoodTree.JP)社長ブログ


by GTC_CEO

共産主義

2000Mを泳いだ後、秋の夜は涼しく、気持ちいい・・・

プールからうちに歩いて帰るところ、何か分からなく、不思議で、共産主義のことを思い出しました。中国では共産主義の目標だった、でもうまくいかなく、そして改革開放の時、鄧小平は中国式の社会主義の道を歩こうと方向付けました。当時の世界は共産主義圏の国々、それぞれの問題が起き、制度が破壊しています。数多くの国と民族が「共産主義」という理論上の制度を実験しようと、結局ほとんど失敗しました。というのはある国と民族の問題ではなく、制度の問題と考えています。十数年前、来日して、資本主義の日本で、実際に仕事・生活してみると、正直に感じているのは資本主義ではなく、共産主義圏の国々が推進している社会主義と実感しています。なぜなら、平等と豊を感じています。
社会主義の定義は「各尽所能、按労分配」、つまり、労働に応じて分配する。
共産主義の定義は「各尽所能、按需分配」、つまり、需要に応じて配分する。

人間である以上、「」というものは誰でも感じていると思います。欲の大きさは想像できません、なぜなら、ある欲が満たされた瞬間、次の欲が自然に出てきます。欲が無制限であれば、需要に応じて、配分はできません。実現できる方法は、人間が自分の欲をコントロールすることです。これができれば、共産主義の実現可能性があるではないかと思います。恐らく、共産主義は天国でしょう。 >>天国は神の国で、入る条件は神を信じることです。簡単と思われますが、実は簡単ではありません。入る人が少なく、その道が狭いです。

ちなみに、中国語には次の二つの言葉があります。
無欲則鋼:欲がなければ強い」と言われると、
胸無大志>志がなければ大きくにはならない」と返す人がいます。

欲と志は、欲しい、なりたい、願うことなど、意味が似ていますが、実際は違うと思います。
欲は自分が欲しい、なりたいなど、志は自分にも含まれますが、また他人、社会に対してプラスになることも含まれていると思います。

・・・家に着き、友達から月餅をいただき、嬉しく、美味しく御馳走様でした。上海の親族と電話して、母も無事に帰国、よかった。
[PR]
by GTC_CEO | 2008-09-13 23:49 | その他