株式会社グッドツリー(www.GoodTree.JP)社長ブログ


by GTC_CEO

王将採点

f0133770_22271046.jpg

最近、仙台に出店している王将の前を通る時、いつも人が並んでいます。中国にも王将が進出したニュースも聞きました。餃子原点の中国に海外の餃子店舗が進出してきたのは、正直言って驚きました。先週の土曜日の午後四時頃、別の用事があって、仙台の王将の前を通りました。夕食にはまだ早い時間でしたが、既に10名近く並んでいました。一度食べてみたいと思って、私も並びました。並びながら、店舗前の料理(の模型?)を見てみました。本物と同じ位、美味しいそうに見えました。

f0133770_22275711.jpg


10分位待って、店に入りました。店員は明るく元気で、店もきれいでした。餃子と王将ラーメンを注文しました。カウンター席で料理を待ちながら、調理のところを覗いてみました。ビックリしたのは、餃子をスタッフがその場で作っていたことです。店員を数えてみたら、約40人いました。客席が77なのに対して、意外に多いなあと思いました。最初にラーメンが来ました。できれば餃子が先に来て欲しかったですね。味見したら、まあまあでした。そして餃子も来ました。色も大きさもいいし、試食したら、もちもちでとっても美味しかったです。さすが餃子の王将でした。メニューはかなり豊富で、やっぱり中華風ですね。

全体の印象としては良かったと思います。しかしビジネスの視点からみると、やっぱり幸楽苑のほうが優っていると思います。結局は効率化ですね。幸楽苑の場合、メニューがシンプルで、料理の待ち時間が短くて、餃子は殆ど工場で作られているので、値段も安いです。今度、王将の他のメニューも試してみたいと思います。

f0133770_22274278.jpg

中国語では逆という文字は「倒」です。「到」着と同じ発音で、来るという意味を取って、「福」を逆に書きます。つまり、「福が来る」という意味ですね

f0133770_22281844.jpg


f0133770_22282740.jpg


f0133770_22283413.jpg

[PR]
by GTC_CEO | 2010-02-07 22:28 | その他